2010年05月22日

京都点滴混入裁判 検察側が懲役15年を求刑(産経新聞)

 3人の娘の点滴に水道水などを混ぜ死傷させたとして、傷害致死などの罪に問われた母親の高木香織被告(37)=岐阜県関市=の裁判員裁判の論告求刑公判が17日、京都地裁(増田耕兒裁判長)であった。検察側は「看護に尽くす母親とみられ満足感を得るため、子供を道具として使った身勝手な犯行」として、懲役15年を求刑した。

 弁護側は「(注目を浴びるため子供を病人に仕立てる)代理ミュンヒハウゼン症候群(MSBP)で判断能力が低下していた」として、執行猶予付きの判決を求め結審した。判決は20日。

 検察側は論告で、「子供たちは最大の庇護(ひご)者であるべき母親から知らぬ間に命の危険にさらされ、逃れるすべはなかった」と指摘。MSBPについては「病名ではなく単なる症候群。刑を軽くするべき事情ではない」とした。

 一方、弁護側は、高木被告が「MSBPにより善悪の判断能力が低下していたことから、強く非難できない」と指摘。「家族が注意し、本人が精神科医の診療を受けるなどすれば再犯の可能性は低くなる」と訴えた。争点の四女に対する最後の混入時期については「(重篤状態になった)4月21日以降は混入していない」と改めて主張した。

 論告などによると、高木被告は平成16〜20年、入院中の四女の点滴に水道水を混ぜ死亡させたほか、三女と五女にも点滴に水道水などを混ぜ、敗血症などを発症させたとされる。

【関連記事】
特別な看病演出「居心地よかった」 娘点滴混入死で母
「次女の看病の心地よさ」から犯行へ 点滴混入事件
点滴混入事件 難解用語、長丁場の審理…制度本格化へ試金石
日程9日間…裁判員候補6割が辞退 点滴混入事件
医学用語を裁判員にどう説明? 京都の点滴混入で5月に集中審理
中国が優等生路線に?

石川議員を再聴取=18日、元公設秘書らも−陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
振り込め詐欺「手渡し型」が横行 神奈川(産経新聞)
<京都点滴混入事件>「特別な母親と見られ、居心地良かった」 公判で動機語る(毎日新聞)
政府、口蹄疫対策に総力=農家への生活・経営支援―予防的殺処分の拡大検討(時事通信)
渋谷の夫殺害、被告の責任能力認める…控訴審(読売新聞)
posted by イザワ マサヒロ at 01:29| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。